信on自転車紀行~リアル戦国絵巻埋め~

こんにちは、初柴清です。


長らく更新が止まっておりましたこのブログですが、
前回からほとんど進展しておりません!


実は1回分走っていて記事は書けるのですが、なかなか書く機会がなくため込んでおります…。

近況報告書くくらいなら書けとも思いましたが、まぁもうちょっとおちつきましたら(’’;


もう一個のブログの方にも書きましたが、この2か月間うつ状態になってしまいあまり活発に活動できていません。

自転車のほうもあまり乗れていませんでした。
この時期は毎週走ってトレーニング三昧する計画を当初は立ててたんですが、3週間くらいまともに乗れてなくてすごくやばいです(’’;


そんな状況なのに、今週末の3連休はツールド千葉2013が開催されます。

無謀にも3日間フル参加します! わーわー

病気完治してないし参加していいんだろうかと悩みましたが、これのために半年以上頑張ってきたのでやめるわけにはいきません。

自転車の練習して、これのためにパーツも変えて、本を買って勉強もして、インターネットで栄養学もロングライドの方法も学びました。

まだ完全ではありませんが100㎞ならある程度余力をもって走れるようにもなりました。


ここまで準備しておいてできる条件がそろっているのにやらないわけにはいきません。
この3週間程度まともな練習ができてないという不安と、療養中にこんなことやっちゃっていいのかという気持ちもありますが、
ここで走らなかったら一生後悔すると思ったのでチャレンジすることにしました。
来年以降も走れる保証はどこにもないですしね。
あとは野となれ山となれ、です。


病気のこともあり色々とごたごたしているので
絵巻埋めの旅は当分再開のめどが立っておりません。

身の回りが落ち着いたらぼちぼち再開しようと思っています。

その間自転車に関してブログ更新することもあると思いますので、
そちらの方も目を通していただけると幸いです。

絵巻埋め(武蔵)のその2です。


記事自体は書いてたんですがなぜかネット上にアップロードできなかったみたいで、
せっかく書いた記事が消滅していましたΣ(゚Д゚;


なのでこの記事は再び書き起こしたものになります。
記憶があやふやなところもあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。





7月7日6時頃?


アジトを出発。


この日も天気は快晴。絶好のサイクリング日和です。


しばらく走って荒川サイクリングロード(通称荒サイ)に到達。


東京・埼玉では多摩川サイクリングロードとならんでメッカになっているところです。

DSCN0115

朝7時くらいの写真。時間がまだ早いのであまり人はいなくて快適に走れますw
(それでも朝練のローディーとたくさんすれ違いましたがw)


DSCN0116


土手に上がるとこんな感じ。
展望が一気に開けて気持ちいいです。「ここほんとに都会なの?」って疑うくらいの快適さ。
(ちなみに写真だと見きれてますが向かって左側が荒川、右側が隅田川です)


快調にロードバイクを飛ばします。

やがて江北JCのあたりに差し掛かるとこんな看板があります。

DSCN0119


東京都なのになぜか宮城という名前の公園が。

この理由はおいおいわかります。


ここから荒サイを外れて住宅街へ下り、本日最初の目的地へ向かいます。

地図を見ると間違えやすそうで不安だったのですが、意外とあっさり見つかりました。


DSCN0120

こちらが本日最初の目的地、氷川神社です。


絵巻埋め対象に「氷川神社」がありますが、そちらは埼玉県の大宮にある方ですね。

こっちはこれ目当てで来ています。


チャリンチャリンチャリーン♪
【宮城政業(宮城氏居館之址)】

DSCN0128

ここは武蔵国の武将、宮城氏の住まいがあった場所だそうです。

居館のスペースにもともとこの氷川神社があったらしいのですが、
秀吉の小田原征伐の際に別の城に宮城氏が移ってしまったため神社だけが残ったようです。

地元の有志の方が宮城氏ゆかりの地として残そうとこういう石碑を建てたようで、
これがなかったらその痕跡はほとんどなかったでしょうね。

日本中を巡っているとこういう光景ってたくさんあるんでしょうねぇ。


これも何かのご縁ということで、神社にお賽銭を投じて旅の安全を祈願しつつ、先を急ぎます。


次のチェックポイントは浅草の浅草寺です。

向かっている途中にこんな光景が。


DSCN0131

交通量の多い道の沿道にたくさんの屋台が朝っぱらから並んでいます。

なんだろうこれ、と思って周りを見渡すと、朝顔の鉢をもって歩いている人がたくさんいます。


ちょっとネットで調べてみたら「上野の朝顔市」でした。

まだ朝の8時半を回ったばかりなんですが、ものすごい人出!

東京でもこういうことをやっているんだなぁ。


朝顔市を横目に先を急ぎます。
今日は回りたい箇所がたくさんあるので悲しいかな、ゆっくりできないんです。。。


20分もしないうちに浅草寺に到達。

チャリンチャリンチャリーン♪
【浅草寺雷門】
DSCN0135


朝10時前なのに参詣者がたくさんいて賑やかです!
さすが東京屈指の名所でもあります。


本来なら参拝していくところですが、前にも何回かきてるし駐輪場も見当たらないので今回はスルー。

中国人観光客が大声で会話しているのを聞き、目千で中華徒党とのNPCの奪い合いをしていたころを思い出しつつ次の目的地を目指します。

出発したとたんこんなものが目の前に。

DSCN0137


すごく…でかいです。

通称う○こビルと呼ばれているビルです。

前に知人とあのビルのオブジェについて何なのかちょっとした論争になりましたが、
もともとのコンセプトは「燃えさかる炎」らしいです(どうみてもう○こにしか見えないが…)。

ぜんえいてきなきんだいげいじゅつ(←なぜか棒読み)を横目に見つつ、
隅田川沿いを進みます。


走ること20分くらい。


こちら、長命寺桜もちさんです。

DSCN0138


お目当てはずばり、


チャリンチャリンチャリーン♪
【桜餅】
DSCN0140


店の中には飲食スペースがあり、趣深い緋繊毛がありましたのでそこで撮影。


パッと見、餅が見当たらないのですが、右の木箱の中に入っている葉っぱをめくると…


DSCN0141


はい、このように餅が出てきます。

餅と言っても、薄い生地にあんこを包んだようなシンプルなものです。

桜もちというとピンク色の記事の印象がありますが、こちらは真っ白。


ぱくっと一口食べてみると…うん!あっさりした中にあんこの甘みとほのかに桜の風味が口の中に広がります。

これはうまい!あんこがいっぱいという点でもチャリダーの補給食にはぴったりですねw


ちなみに桜もちですが、関東と関西で全く違うんだとか。

関東で出回ってるのは長命寺系の桜餅、関西は道明寺系だそうです。


関西に行ってみたら関西の桜餅も食べたいな。


おいしく桜もちを食べたのち、次のポイントに移動するべく上野方面に向かいます。

ここが本日最大の難所でした。

目指すは上野公園なんですが、公園自体がまたとてつもなく広い!

とりあえず上野駅行けば何とかなるだろう、なんて思ってたのが甘い甘い。


電車に乗っているだけだとあまりよくわからないんですが、上野公園界隈って実はちょっとした山になっているんです。


細いぐねぐねした坂道を汗だくになりながら走ります。

走っているうちにどこに向かっているのかわからなくなり(冷や汗)、
何とか博物館の係員さんに道を聞くことができ、目的の地点に到達できました。

それがここだ!

DSCN0146


え?なんで動物園なのかって?

もちろん絵巻埋めのためですよ?決してカピバラさんハァハァしに来たわけじゃないですよ(真顔)?


とにもかくにも入園します。


入園するとジャイアントパンダをはじめとした珍獣がいろんなところにいますが、
それらをすべてガン無視してあるブースへ向かいます。


それにしても動物園だけあって男女のペア徒党や家族連れ徒党が多い。
まわりは徒党ばっかなのにソロはおいら一人のみ…べっ別にさびしくなんかないんだからね!

まさにソロでlvカンストを目指した馬場ジョイス氏(←ネタが古い!)ばりに動物園をぐいぐい進んでいきます。

目的のものはこれだったんです。


チャリンチャリンチャリーン♪
【ヤマオロシ】
DSCN0149

か、かわええ…

上野動物園の山嵐です。

ヤマオロシとは妖怪の一種なんですが、
もとは動物の山嵐がモデルなんだとか。へー。

信on上ではめちゃめちゃごつい妖怪でしたが、こちらは小さくてかわいかったです^^


上野動物公園を後にしてマックでご飯を食べます。
こう気軽に食事できるのは都会最強ですね(田舎だとコンビニや民家すらないのです)。

食事を済ませてすぐ近くのここへ。


チャリンチャリンチャリーン♪
【神田明神】
DSCN0155


いやはや、何とも豪華な山門です。
なんでも関東の神社の中でもトップクラスの格式だそうで。

神田明神と言えば銭形平次が有名ですね。

小さいころ銭形平次にあこがれ、割箸で十手を作り五円玉を妹に全力で投げつけて泣かせたというド畜生のおいらにとっては感慨深い地でした。


神田明神をあとにして今日最後のポイントに向かおうとした時、

事件が起こりました。


先を急ごうと焦ったんですね。チェーンを付けたまま発進しちゃったんです!普段なら考えられないミス。


結果、ギアにチェーンが絡まってしまい大惨事に。

写真を撮る余裕もなく、何とかチェーンを外したんですけど、

ギア付近のパーツが変形してしまって走行不可能に_| ̄|○


時間も午後を回ったばかりなので、行きつけの店にロードバイクを持ち込み修理してもらいました。

幸いなくてもよかった部品が損傷していたので、それを取り外しただけで修理完了。

ほんとはもう1か所回っておきたかったんですが、時間がかかってしまったためあえなく断念。


まぁ時間はあるので後日改めて挑戦したいと思います^^;

【走行記録】
・データ回収不能につきなし(その3には反映済み)


【チェックリスト】

チェックリスト

平成25年7月12日朝5時。

地元の駅にジョジョ立ちするおいら。


出勤ではありません。本日は有給をとっています。

久喜市で行われる「とあるイベント」を見るため、こうして始発電車を待っているわけですが…


ものすごく迷惑でしたね(涙)



DSCN0160

こんなでかい荷物を電車に積み込んだんです。
事前調査も甘く満員電車のど真ん中にぶちあてましたよ。はい…

今度からもっと別の時間帯を選ぼうと思います(号泣)


そんな苦労をかけて他の人のひんしゅくを買いつつ、セーブポイントである大宮駅に輪行で移動。
本日はここからスタートです!

DSCN0161





大宮駅の吉野家で牛丼を食べたのち、最初のチェックポイントへ向かいます。

駅からすぐ近くなので移動は楽チン♪


チャリンチャリンチャリーン♪


【氷川神社】
DSCN0162



なかなか趣のある参道ですね。これが300mくらい続くんです。

場所は大宮のど真ん中なのですが、駅や道路の喧騒とはかけ離れた、静謐な空気が漂ってました。

パワースポット論者じゃないですけど、こういう雰囲気は大好きですね。


参道が終わっていよいよ本殿へ。


想像以上に大きな境内です。正直ビビりました。
DSCN0163




社殿は格式を感じさせますね。
DSCN0164




これは本殿。旅の安全を祈願するがごとく、安定の二礼二拍手一礼をしました。
DSCN0165



一発目のチェックポイントを消化し非常に幸先のよい出だしです。
この勢いで次のチェックポイントである岩槻城址に向かいます。


この段階で9時を回ってたんですが、とにかく暑い!
幸いなことに漕いでいる間は風が吹いてるのでさほど暑さを感じないんですが、
信号待ちで止まるとやばい。

「止まったら死ぬ」

が今日の合言葉になりましたw(もちろん交通法規にのっとって停止はしています。無茶な運転はしていません。)


大宮を抜けてちょっと漕ぐと岩槻市です。

やたらと人形屋を見かけたのですが、そういえば岩槻市は人形が名産でした。


岩槻駅前は開けててなかなかおしゃれです。
DSCN0166



しばらく進むとあっという間に岩槻城址公園につきました。


チャリンチャリンチャリーン♪


【太田資正・太田氏資・梶原政景(岩槻城址公園)】
DSCN0167



ここは太田氏の本拠地だったところですね。
秀吉の小田原遠征の際、たった2日間で落城してしまったらしいです。

DSCN0169

城自体は湖に浮かぶような変わった形のお城だったようで、
これを攻めるのはとても大変そうですが…
それだけ秀吉軍が圧倒的だったということでしょうか。


梶原政景は太田資正の子であり、太田氏資の異母兄弟です。

太田氏やのちにでてくる藤田氏のことを調べていると、
関東の武将たちは北条家と上杉謙信に振り回されているのがよくわかります。
大体が振り回され損に終わっているようで、そこはかとなく哀愁を感じます。なかなか興味深いです。


岩槻城については他に遺構はないか探しましたが、住宅地の中に埋もれてしまっているようです。
文化財の遺構はあるみたいですが、時間がないので今回はパスせざるをえません。。。

このように城跡が住宅地の中に埋もれてしまうというのは、全国的に見ても結構あるケースだと思います。



次に向かったのは「手作り田舎まんじゅう羽前屋」さん。こちらで小豆饅頭をいただきます。
DSCN0172




岩槻城址公園から10kmたらず。
外はめちゃくちゃ暑いのですが、移動は短くて済むので非常に助かります^^;

早々に饅頭をゲット。

チャリンチャリンチャリーン♪


【小豆饅頭】
DSCN0170




先生、すごく、大きいです…。

写真で見ると小さく見えますが、現物は手のひらにどっかり載るくらいのサイズ。
右の緑色の饅頭がヨモギ饅頭、その横がカスタード饅頭、左下の紙コップはカシスジュースです。


この饅頭はこの店の名物だそうで、親しみやすい店主がいろいろと教えてくれました。
他の店と比べて皮を分厚くしてあって、皮のおいしさに自信があるからそうしたんだとか。

DSCN0171



た、確かに分厚い…
寄合所によると薄皮饅頭のことらしいですが。まぁいいかw


思い切って食してみます。

確かに皮自体に味があって、あんこの甘さとは別の、ほっとするような甘さが包み込まれてます。
量も多いので、チャリダーの補給食にももってこいですね!

実際、この店に立ち寄るチャリダーもいるようで、
このお店自体が昔自転車屋をやっていた(!)ので店主も自転車に興味があるとのこと。


饅頭以外にも自転車やタルタルーガの折りたたみ機構のことで盛り上がり、あっという間に時間が過ぎましたw
また行ってみたいなぁ…


この饅頭パワーのおかげか元気100倍!
ちょっと予定より遅れましたが12時過ぎに久喜駅へ到達。


何やら祭囃子の音がするなぁと、道の先を見ていると…


おっ
DSCN0180



で、でかいな(汗


なかなかの山車です。何といっても全面が提灯っていうのが圧巻。

どれだけでかいかというと、わかりますでしょうか?
BlogPaint




山車を通すためにわざわざ信号機を曲げているんですね!こんなの初めて見ましたよぅ。


本番は夜なので、それまでにもう1か所回っておきます。


腹ごしらえをして次のポイントへ。


それにしても暑い。

午後一番は雲が出てきて「おっ、これは涼しくなりそうだ」と思ったんですが、すぐさま直射日光が…。

しかも次のポイントまでが今日で一番長い距離なんです。

このくそ暑い中を爆走しなきゃならんのか…


さらに追い打ちをかけるように道が狭い。

自転車なんかかんけーねーよ!といわんばかりに、すぐ真横をトラックが猛スピードで通過していきます。
これがめっさ怖かった!

ほんと日本の道って自転車にやさしくないですよね。
あまりにも危ないので半分以上は歩道を低速走行することに。
自転車は車道を通ることになっているんですから、もっと自転車にやさしくしてほしいなぁ…。


そんな、チャリダーなら誰しも一度は考える、日本の道路行政に思いをはせながらペダルをこぎます。

しかもこういう時に限って向かい風。無理はせずギアはおとして淡々と進みます。


さすがにそろそろつかないかなーと思っていたタイミングで、次のポイントへのわかれ道を発見。

おっしゃ、もう少しだ!


住宅街の中にあるようなので、小道を見落とさないように慎重に走ります。

この細い道を入れば、目的地に到着するはず!

お!みえてきたぞ!



…あれ?門が閉まってる?
DSCN0184

「5月12日で今年は閉園しました」





         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー


どういうことっすかーwwwwwww

せっかく苦労してきたのにw。いや、ひょっとしたら場所を間違えたんじゃ…


チャリンチャリンチャリーン♪

【牛島の藤】
DSCN0186
↑牛島のフジ、と書いてある


どうみてもここです。ありがとうございました。


いやーまじかぁ。せっかく来たから藤の木でもみたいのに。


ん?この写真に写っている木はひょっとしたら藤なんじゃ?

DSCN0187



どうみてもマツです。ありがとうございました。

…もう「牛島のマツ」ってことでいいんじゃなかろうか。


        ノ  ̄ `ー-、          
      /⌒       \       
     /           `ヽ    
.     |   l~~\        ヽ   
     |  ハノ   ヽハハ、      |  
.    | ノ   ー――   \   .| 
    | / ____―― __ヽ、 |  
    r-l、 ___`  '´___ |Yヽ  
.   に| | `―゚‐'|   |`ー゚―' |.|っ| 
    |O|.| ――'|   |`― ・' ||б!  
    ヽ_||  _.ノL__」ヽ_  |l_ソ 
 , -‐''' ̄| / 下三三三三ヲヽ .| ̄'''‐-  
 ::::::::::::::::|l\   ̄ ̄ ̄ ̄  /|:::::::::::::::
  :::::::::::::::|.\\  ≡  //|:::::::::::::::::: 
  ::::::::::::::::|  \  ̄ ̄ ̄ /  |::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|    \  /    |::::::::::::::::::::::
「引き続きリアル絵巻埋めをお楽しみくださいフヒヒ」

(↑信on元プロデューサー・松原健二氏こと「マツ」のAA)




だああああああああああ!フヒヒじゃねえええええええええええええええ!!


あんまりだ!ネタで始めた旅とはいえ、訪れた場所すらネタだとは…。


ま、まぁここも縁があったらまた来る感じでしょうか(汗)

到達はしたのでとりあえずポイントチェック済とします。


これで昼間回れるところは回れました。
久喜周辺でとったホテルに移動します。途中で食べたクーリッシュがうまかったぁ…。



さてさて、時は変わって19時過ぎ。


おいらは久喜駅前にいました。
提灯祭りの夜の部を見るためです。こちらのほうがメインイベントですね。



…このときはふつーに祭りを見て「おもしろかったー」とブログ記事を書いて今日は終わりだな、と思ってたんですよ。

だが、予想外のアクシデントが発生しました。


まずはこの写真を見てください。
DSCN0189



祭りが始まるのを今か今かと待つ人で駅前があふれかえっています。

この平和な光景が30分後…



DSCN0194

ほぼ同じ場所ですが悲惨な光景になっています。

散らばっているのは強風でテントごと飛ばされた屋台の残骸です。
写真では見えづらいですが、滝のような豪雨になっちゃってます。


…ほんと突然の変化だったんですよ。

なんかぴかぴか光ってるなぁとおもったらゴロゴロと音が鳴り始めまして。

最初は花火かなと思ったんですけど、どう聞いても雷の音なんですよね。

今日一日あんなに晴れてたのに。


まさか大雨降ったりしないだろうな、と思ってたところで、


突然の嵐!突然の雷!突風!


あまりの急激な天候の変化に、駅前にいた人たちが一目散に建物を目指して駆けだしました。

周囲では子供の泣き叫ぶ声、女性の悲鳴が飛び交い、まるで戦場のような状態。



信onに例えるならば、味方本陣から徒党を送るのでソロや徒党が集まったところに、本陣敵襲で阿鼻叫喚の
大混乱になるのと同じような感じです。


まさに「ゲリラ」豪雨でした(ゲリラ集めたやつは誰だ!?)


短時間の荒天だったため20時過ぎにはほぼ天候は回復しましたが、
このせいで山車の提灯がほとんどつけられなくなったとのこと。

それでも祭りは行うそうで、山車の到着を固唾をのんで見守ります。


そしてやってきた山車は…
DSCN0204



やはりほとんど消えちゃってますね…。


山車は全部で6台あるのですが、みんなこんな感じ。

ゲリラ豪雨のせいでほとんどが灯せない状態になってしまったみたいです。


それでも「これだけの方が見に来てくれたので」と実行委員会が実施に踏み切ったとのこと。


あのアクシデントがなければもっときれいな提灯が見れたでしょうに。とても残念でした。


それでも祭りは淡々と続いていきます。


山車の人が必死で明かりを灯していて、明かりのついた提灯が次第に増えていきます。

その様をぼーっとおいらは見ていました。が、


あっ!


絶句してしまいました。


それはある山車が、明かりのついた提灯を棒で振り回したのを見たからです。
DSCN0224
(写真がぶれててすみません)


他の提灯がすべて消えてる中、ふらふらっとさまようように揺れて明かりを灯す一つの提灯。


すごくシュールな光景でした。まるで1個の提灯が生命を受けているかのようで。



不落々々だ。



一目見てそう思いました。


チャリンチャリンチャリーン♪


【不落々々】
DSCN0229



…当初は全く違うオチを考えていました。


しかし、現実はおいらの想像をはるかに上回ったようです。

不落々々は星野山千尋窟のボスキャラで、妖怪がモチーフです。
今日見た光景は、圧倒的に不気味で、妖怪らしさが出ていました。


果たして何かの導きなのか…。


よくわかりませんが、あまりにも衝撃的な展開に、ぞっと身の毛がよだちました。


この信on絵巻埋め、ただでは終わらないようです…

【本日の走行距離】65km
【累積走行距離(武蔵)】184.44km +その2の分
【累積走行距離(全体)】184.44km +その2の分
【平均速度】18.9km
【走行時間】未確認

【絵巻(武蔵)】
すみません別途掲載します。

【セーブポイント】東京駅、大宮駅


このページのトップヘ